前へ
次へ

歩行者が加害者になるケースを考える

自動車保険は自動車を保有する人が加入し、保有する自動車でトラブルが発生した時の損害賠償に備えることができます。
自賠責は必ず入らなくてはならず、任意保険に入っていればさらに色々なトラブルへの対応が可能になります。
あくまでも自動車やバイクを保有する人の保険なので、それらを持っていない人には不要の保険です。
自動車保険には特約があり、自分が歩行者の時の損害賠償やケガに対応できるものもあります。
あくまでも特約なので、本契約を持たない人は入れません。
もし自動車を持たない歩行者が自動車トラブルで加害者とされたら、その損害を自費で賠償しないといけなくなるでしょう。
歩行者が加害者になるケースとして、横断禁止道路を横断したとき、信号無視で自動車に損害を与えた時などがあります。
それ以外にあるのが自動車が危険回避のために別のトラブルを起こし負傷するときです。
歩行者を避けるために対向車線に出て衝突した時などは、その損害を歩行者が賠償しないといけないときもあります。

Page Top