前へ
次へ

自転車のベルを鳴らし続けての走行は問題ないか

子供の乗り物として三輪車があり、子供に乗せると大変喜びます。
三輪車の手元にはいろいろなアイテムもありそこに音が鳴るベルも付いているかもしれません。
子供は音が鳴ったりするのを好むのでベルを鳴らしながら進むときもあるでしょう。
公園などではよく見かける光景です。
では自転車に乗るときにベルを鳴らしながら走行するのは問題がないかです。
自転車にはベルの他ラッパのようなもので色々な注意を知らせることができます。
狭い道路を人が塞いでいるときなどはベルを鳴らさないと走行できないときもあります。
ただ人によってはむやみにベルを鳴らし続けて走行する人もいます。
実は自転車のベルは鳴らし続けると法律違反になるときがあるので注意が必要でしょう。
自転車のベルの役割は危険を知らせるためにやむを得ず使うためのもので、それをいつでも鳴らし続けてはいけません。
最初は注意ぐらいで済みますが、あまり何度も繰り返すと罰金を科される可能性もあります。

Page Top