前へ
次へ

刑事ドラマのような展開が実際にある

裁判所では、起訴されてからの弁護の状況を、傍聴する報道関係者らが私たち一般人に分かり易いように伝えています。
それは、口頭であったり、イラストからです。
また、被告人の人権が侵害されないよう、弁護士は努力しています。
裁判所には保釈を請求したり、犯罪の成立自体を争う、または情状を主張して刑罰の軽減を主張することもあります。
保釈は、逃げることがないことが分かり、保釈金の工面ができれば請求も通ります。
ちなみに、犯罪の成立自体を争うのならば、証人を探したり、検察側の証拠の矛盾点をついたり、ときに、検察側の証人を論破するなど、刑事ドラマのような活動もしっかり行うようです。
しかし大半は、情状を主張する内容で進むようで、犯罪の被害者と示談をする流れです。
また、その先までが考慮され、犯罪者の親兄弟、職場の上司に情状証人として出廷してもらい、今後はしっかり監督する旨証言で執行猶予判決になることが非常に多いようです。

Page Top