前へ
次へ

信号無視の歩行者と右折車のトラブルの過失割合

自動車が歩行者と接触するといろいろな損害が発生します。
自動車がスピードを出していればかなりの衝撃になるので、歩行者にかなりのケガが残ったり最悪亡くなるときもあります。
自動車側は大きな損害はないでしょうがそれでもバンパーがへこんだりの損傷はあるでしょう。
急ブレーキによるむち打ちもあります。
歩行者と自動車の交通トラブルにおいてはおおむね自動車側の過失が高くなりますが、歩行者が信号無視をしているときは歩行者側の過失も高くなってきます。
では歩行者と右折車とのトラブルはどうかですがこの時は50対50が多いとされています。
歩行者は信号無視をしているのに車の過失が半分あるのはなぜかです。
まず自動車トラブルの原因は自動車が歩行者に気づけない、停止できないなどがあるでしょう。
自動車が右折をする時を考えると前方からくる直進車の様子を見るために一時停止や減速をします。
となると赤信号でも歩行者の確認がしやすくなり更に停止もしやすいです。
自動車側に不注意があると判断され50まで上がってしまいます。

Page Top