前へ
次へ

法律に関する注意義務とか努力義務

法律における罰則というのは当然ですが強制的に行われるものではあるので、新しい法律ができた時に今まで大丈夫であったがこれからはダメというパターンもあるわけです。
その時これまでのものに対してはどうするのかということがあるわけですが例えば注意義務とか努力義務ということになったりすることがあります。
動物愛護法というのは法律としてあるのですがペットに対してマイクロチップを埋め込むということが義務化されるということがほぼ決まっているのですが、これはこれからはペットショップで買う時に確実にそれをしなければならないということになるわけです。
しかし、これまでのことはどうしよう、となります。
努力義務というのがこういう時に付与されるということになります。
そういうことが法律としては後から作られた規則とか義務の場合に今まで大丈夫であったことに対して配慮がされているということがあるわけです。
それがないと当然、社会的に混乱をしたり負担が大きくなったりすることがあるので行っているわけです。

Page Top